スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<訃報>田村大三さん97歳=「指笛音楽」創始者(毎日新聞)

 田村大三さん97歳(たむら・だいぞう=「指笛音楽」創始者)24日、老衰のため死去。葬儀は28日午後1時、東京都中央区銀座4の2の1の日本基督教団銀座教会。喪主は妻静海(しずか)さん。

 小学6年生のころ、体育教師のまねをしたことをきっかけに、指の笛で楽曲を奏でることを思いつく。国内外でのリサイタルやチャリティーコンサートを繰り広げ、指笛を音楽の域に高めた。

みんなの党の渡辺代表が水野氏に改めて出馬要請(産経新聞)
竹島抱える隠岐の島町、外国人参政権「反対」意見書採択(産経新聞)
息子夫婦刺した容疑、60歳父を現行犯逮捕(読売新聞)
横領など不祥事23億5800万円=08、09年度で95件-郵政3社(時事通信)
「どないなっても知らんぞ」 公共工事の下請け強要未遂容疑で男を逮捕 大阪(産経新聞)
スポンサーサイト

<掘り出しニュース>大豆ヨーグルト開発 山梨のワイン酵母で飲みやすく(毎日新聞)

 【山梨】山梨大ワイン科学研究センター(甲府市北新1)と飲料メーカー「白州屋まめ吉」(槫林剛社長、北杜市白州町台ケ原)が、北杜市産の大豆と同市白州町の天然水、県産ワイン酵母を使った新しい大豆飲料「大豆で作った飲むヨーグルト」を共同開発した。

 パッケージには同センター長の柳田藤寿(ふじとし)教授(醸造学)のイラストが印刷されており、同社は「今後は県産果汁を加えたものなども作り『ヤナギダシリーズ』として商品展開したい」と話している。

 新飲料の味はまさしく「ヨーグルト」だが、乳製品は使用しておらず、主成分は大豆だけ。同社によると、大豆は乳酸発酵させると腐敗臭が出るため、従来の製品は発酵後に乳製品や果汁などを加えて臭みを消していた。これに対し、新商品は大豆だけを主成分に、ワイン酵母を加えることで飲みやすく仕上げた。1本150グラムに大豆約30粒が使われている。

 開発のきっかけは、昨年7月に甲府市で開かれた食品フェア。同社が出品していた大豆飲料を飲んだ柳田教授が、ワイン酵母を使って新商品にすることを提案した。同センターの研究により、ワイン酵母を加えることで乳酸が2倍、うまみ成分であるコハク酸が1・7倍に増えることも分かった。

 16日から、1本150円前後(オープン価格)でスーパー「アマノパークス」全店や、県内の道の駅などで販売されている。

 柳田教授は「僕の顔を多くの人が手に取ってくれたらうれしい。地域産業の活性化につなげたい」と話している。【曹美河】

【関連ニュース】
掘り出しニュース:勝沼のワイナリー、カルシウム2倍以上のワイン完成 「あわびの煮貝」殻をブドウ畑に
ニッポン号:世界一周70周年記念 発見!日本ワイン 参加者、味や香り満喫 /東京
広島三次ワイナリー:入場者700万人に--94年開業 /広島
奉納:仏の醸造家ら、大仏にワイン--奈良・東大寺 /奈良
ひょうご東西南北:すっきり味「蓮ワイン」 朝来の温泉が販売 /兵庫

<プラスチック>強さ鋼並み…軽くて強度7倍 広島大チーム(毎日新聞)
飲酒運転し追突、神奈川県議逮捕(時事通信)
<1Q84>朝からファン、書店「ありがたい話題」 名古屋(毎日新聞)
だれでも参加「熟議カケアイ」の場…文科省HP(読売新聞)
「5月末決着」にとどめ、首相が徳之島に陳謝(読売新聞)

景気判断据え置き=4月の月例経済報告(時事通信)

 菅直人副総理兼経済財政担当相は16日、4月の月例経済報告を関係閣僚会議に提出した。景気の基調判断は「着実に持ち直してきている」とし、8カ月ぶりに上方修正した3月の表現を据え置いた。企業収益が改善し、雇用や所得の悪化に歯止めが掛かる状況が続いているため。
 個別項目では、日銀の企業短期経済観測調査(短観)で企業マインドの回復が進んだことを踏まえ、企業の業況判断を「改善している」に上方修正した。一方、公共投資は2009年度第2次補正予算での減額により「弱含んでいる」に、倒産件数は「緩やかに減少」から「おおむね横ばい」にそれぞれ下方修正した。 

【関連ニュース】
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

認知症の女性の顔に落書き、撮影…栃木の施設(読売新聞)
<中国電力>部長が自殺 島根原発調査担当(毎日新聞)
福岡のふ頭近くの海に人の胴体、殺害女性か(読売新聞)
妻殴られ重体に、傷害容疑で67歳夫を逮捕(読売新聞)
ネットの国会審議視聴が昨年過去最高 政権交代で関心高まる(産経新聞)

スーパー耐性菌、国内で初確認=海外からの流入に懸念-千葉(時事通信)

 抗生物質が全く効かなくなった新たなタイプのアシネトバクター菌に感染した患者が、国内で初めて確認されたことが7日、分かった。海外で感染したとみられ、専門家はこうした多剤耐性菌が国内に持ち込まれて広がる恐れを指摘している。
 確認した千葉県の船橋市立医療センターによると、昨年7月上旬、米国の病院から転院してきた20代外傷患者の状態が良くならないため検査したところ、国内で使われているすべての抗生物質が効かないアシネトバクターが検出された。直ちに院内感染の防止策を取ったため、感染の拡大はなかった。患者はその後治癒し、退院した。
 アシネトバクターは皮膚や自然環境中に常在し、健康な人には無害だが、免疫力の落ちた入院患者に感染すると生命にかかわることもある。
 耐性菌に詳しい池康嘉群馬大教授によると、複数の抗生物質が効かないアシネトバクターは福岡大病院などでも見つかっているが、確認されたのはより耐性が強いタイプ。同教授は「今回は防げたが、海外から多剤耐性菌が持ち込まれ、院内感染が広がる恐れがある」と警告。海外の抗生物質の不適切な使い方が原因で誕生していると推測できるという。 

普天間移設 「県外」軸に検討 官房長官(産経新聞)
女児ら3人はねられ重軽傷 大阪・高槻、飲酒運転の77歳を現行犯逮捕(産経新聞)
首相「官僚の頑張りに感謝」初任研修で訓示(読売新聞)
大阪・西成のビデオ店に強盗、現金約14万円奪う 2月にも同様の被害(産経新聞)
個別記事リンクに賠償請求? 日経サイト方針に大批判(J-CASTニュース)

<新党>「たちあがれ日本」多難な船出か…10日発足(毎日新聞)

 自民党の中川義雄参院議員(72)は7日、党本部で大島理森幹事長に離党届を提出し、与謝野馨元財務相(71)や平沼赳夫元経済産業相(70)らが結成する新党「たちあがれ日本」への参加を表明した。新党は政党要件を満たす国会議員5人を確保し10日に発足するが、期待した自民党中堅・若手議員に賛同者は広がらず、多難な船出となりそうだ。

 3氏以外のメンバーは自民党の園田博之前幹事長代理(68)と参院議員の藤井孝男元運輸相(67)。園田氏はすでに離党届を出し、藤井氏も8日に提出する。代表は平沼氏が務め、与謝野氏が同格のポストに就任する。新党の名前は石原慎太郎東京都知事が「事実上の命名者」(与謝野氏)となった。

 与謝野氏らは早くから5人の確保に自信をみせていたが、調整は難航した。背景には、保守再生を前面に出す平沼氏と、リベラル色の強い与謝野氏が合流することへの違和感がある。平沼氏から入党を要請されていた鴻池祥肇元官房副長官(69)が参加を断ったのもこのためだ。無所属の「平沼グループ」の小泉龍司衆院議員(57)と城内実衆院議員(44)も結党に加わらなかった。新党のメンバーが結果的にベテラン議員に偏り、中堅・若手議員が様子見を決め込んだことも、与謝野氏らには誤算だった。

 中川氏は98年参院選で北海道選挙区から初当選し2期目。昨年死去した中川昭一元財務相の叔父にあたり、平沼氏と近い。改選を迎える今夏参院選では高齢を理由に自民党の公認を得られず、引退とみられていた。新党では比例代表で立候補する見通し。

 新党は中川氏の参加で何とか政党の体裁を整えたが、10月に政党交付金を受け取るには参院選での議席獲得が絶対条件になる。新党関係者は「できれば参院選に左右されないメンバーでスタートしたかった」と漏らす。

 与謝野氏は7日、主宰する自民党の勉強会「正しいことを考え実行する会」で「自民党を分裂させるためにやったわけではない。若い世代が党の中で活躍し、国会で厳しく政府・与党を追及してほしい」とあいさつしたが、中堅・若手議員から新党への同調者が出なかったことへの寂しさも漂わせた。

 一方、東京都内で7日開かれた自民党の全国幹事長・政調会長会議では、与謝野氏への批判が相次いだ。長崎県連は「小選挙区で落選して自民党の比例代表枠で当選した人が離党して目立ち、残った人がみじめにみえるのは許せない」と指弾した。【中田卓二、大場伸也】

【関連ニュース】
新党:議員5人確保にめど 参院の中川義雄氏が自民離党届
新党:名称は「たちあがれ日本」 平沼氏ら結成
自民党:鴻池元副長官、新党に参加せず
与謝野元財務相:平沼元経産相らと10日に新党旗揚げへ
舛添前厚労相:与謝野元財務相らと連携否定 新党参加せず

機密情報保全へ事務レベル協議=米の懸念に対応-外相会談(時事通信)
積極的な外国人受け入れを 法務省が出入国管理計画(産経新聞)
4児死亡火災で現場検証=出火原因調べる-道警(時事通信)
週内に新党結成=与謝野氏(時事通信)
取り調べ全面録画訴え=再審無罪の菅家さんら-リクルート事件江副氏も・日弁連集会(時事通信)

<与謝野元財務相>離党届を提出 新党結成へ動き活発化(毎日新聞)

 自民党の与謝野馨元財務相は3日昼、党本部で谷垣禎一総裁と会談し、執行部体制への不満を理由に離党届を提出した。谷垣氏は慰留しなかった。与謝野氏と近い園田博之前幹事長代理も週明けに離党し、両氏は無所属の平沼赳夫元経済産業相との連携も視野に、今月中の新党結成に向けた準備を本格化させる。

 会談は谷垣氏が与謝野氏の真意を確認するため呼びかけた。谷垣氏は「与謝野氏は党の政策を担当しており、若手議員が心配している」と述べたが、与謝野氏は離党の意思が固いことを伝え、7日付の離党届を提出した。会談後、与謝野氏は記者団に「(自民党は)あっと驚くような若手を起用しなければならない。自民党分裂とは考えないでほしい」と語った。新党に参加する議員については「いずれ分かる」と述べたが、現時点で園田氏以外の自民党議員には離党を働きかけていないという。

 与謝野氏は3月の月刊誌で谷垣氏ら執行部を厳しく批判し、新党結成に言及していた。今月1日、谷垣氏が参院選前に党役員人事を行わない考えを明言したため、離党を決断したとみられる。

 平沼氏も2日、月内の新党結成を表明し、与謝野氏らと意見交換している。【野原大輔】

【関連ニュース】
自民:新党結成の動き本格化 分裂に現実味
与謝野氏:新党結成へ、来週にも離党 平沼氏と会談
自民党:「逆仕分け」で反転攻勢…選対に若手起用も
自民党:執行部、現体制で参院選…谷垣総裁
自民:議員懇を拡大…立候補予定者も参加 4月上旬に

政府・民主が政権公約会議初会合(産経新聞)
高校無償化法が成立 4月1日施行(産経新聞)
【Web】思い出の携帯ストラップを供養(産経新聞)
<石油ストーブ>ふた外れ引火 火災4件、リコール(毎日新聞)
「長官銃撃はオウムのテロ」警視庁が異例の発表(読売新聞)
プロフィール

ミスターよしおもりかわ

Author:ミスターよしおもりかわ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。